【一人旅】 東京の話

2019年2月21日

ひきこもりから外に出るためのキッカケに超オススメ「一人旅」。
一人旅のいい所は「自由」と「自分でもやれるんだ感」が同時に味わえる事。
車、バイク、チャリ、交通機関、どれでもいいからチャレンジしてみてくれ!
今回は日本のみならず、地球単位でトップクラスの経済都市「東京」、
「ひきこもり目線」でちょいと考えてみるぜ!


ひきこもり目線で見る東京のメリット・デメリット

自分も出張でよく行くけど、ひきこもり目線で東京のメリットは

●予定がなくてもいけば何かしらある(予定立てるのが苦手でもOK)
●変な趣味でもオフ会があったりするからw悩みに対する仲間が作りやすい
●人が多くて活気がある
●いろんな人いるからいわゆる「一般的な生き方」から外れても認められやすい

●交通が発達してるから車、バイクなくても余裕で生活できる



逆にデメリットは

●人多すぎ
●通勤・帰宅時間帯の満員電車はホントやばい。
パニック障害とかの人にはマジでオススメできない。


やっぱり、ひきこもりの人は人ゴミ苦手が多いと思うから
そのあたりがネックになってくるよね。


自分も最初東京嫌いだったけど・・・・

とはいえ東京の持つパワーはやっぱ地方とは違うよ。
一度は行ってみるのオススメしたいな。
実は自分、ひきこもり支援で出張するようになるまで
東京っていまいちピンとこないとこだった。


人ゴミ嫌いだし、釣り好きだから自然が多いところが好きだし、
一人でいるのも全く苦じゃない。だから満員電車とか考えるだけでも嫌だったし、
「なんでわざわざ人の多い所に行きたがるのか意味わからん」と思ってた。
でも、東京に行くようになって、その考えは一部変わった。

東京は地区ごとにいろんな顔があって、面白い。
イメージ通りのゴチャゴチャした所もありますし、静かな住宅街もある。
管理されてるけど、自然も結講あります。(東京の公園とか好き)


あとね、 やっぱ、人がいるとこは金集まるからパワーあるわ。
ひきこもり支援の観点から言うと、支援者、居場所などの集まりが多いから


「そのひきこもり支援団体が合わなくても、別のひきこもり支援団体を探せて、
自分に合ったコミュニティを探せる」と言うのがオススメできる点かな。
別にひきこもり支援団体に限らず、趣味のコミュでもいいしね。


上京するかどうかは置いておいて、一度は空気感を味わってみて欲しい。
1回行ってみて、ピンと来なかったら
(少なくとも今の時点では)まだ君に合ってないかもね。


PS.ちなみに、「東京は物価が高い」イメージあると思うけど、
食費に関してはスーパーなどで買うならそこまで地方と変わらんよ。
人が多い分、薄利多売もできるからね。弁当なら3、400円で買える。
本当に地方よりズバ抜けて高いのは土地代w

いろんな価値観・人がいるからこれでも通行人には何も言われないよww
完全無視も辛いもんがあるが・・・・・



ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!