【葛藤】働かなきゃいけないのかって話

2019年2月13日

「ひきこもりは働かないクズ!働け!!」

みたいな社会風潮ってやっぱ根強くて「ひきこもり自身も」そう思って
自分を追いつめてる人がいて、益々外が怖くなるよね。
こうなるとなかなか外に出る難易度、特に就労に関してはハードルあがっちゃうよ。

「勤労の義務」の強力な攻撃力

ひきこもり働け派が言うの憲法にある、いわゆる「勤労の義務」を出して


「権利を主張したかったら義務を果たせ!」って事が多いだろうね。
あとは自分は働いてるのに、とか、親がかわいそう、とか
将来生活保護受けそうだから!ってのが多いかな。


勤労の義務って教育、納税、勤労の三大義務の一つだけど勤労の義務に関しては、
本当に「働かなきゃいけない義務なのか」はちょいと解釈が分かれるので
裁判にでもならん限りは結論が出ない問題だし、現実的には働かないからといって
ほとんどの人が法的な罰があるわけじゃないから置いとくね。


「実際の生活において働かなきゃいけないの?」

って問いの答えは実生活の面だけで言えば

「働かなきゃいけないって言うよりは金の稼ぎ方しらないとマズい」
ってのがまあ実情を表した現実的な答えじゃないかな。
これは自分で稼ぐ以外でも生活保護とかの福祉でもね。

金の稼ぎ方を知らないと親がよっぽどの資産家でなければ
ひきこもりの将来は貧困層へダイブ確定。
働かない事よりも、そこから繋がる貧困はマジでかなりマズい問題よ。


「稼げない」とリンクする「貧困」

貧困が多い地域は治安が悪くなる可能性があるし、
自分や家族の将来に投資出来ないから教育水準も下がりやすく
子どもへの貧困の連鎖が問題になってるよね。


実際、ひきこもり問題でもあるよ。
ひきこもり問題の場合は親が働けない高齢になってから、って
パターンがそこそこあるから年齢層があがりがちだけど。
「8050問題」ってやつの一部だね。

ひきこもってもいいから、金の稼ぎ方は勉強しようぜ

雇われか起業かは置いておいて
働かないってのは個人の人生選択の問題だけど、
資産がよほどないと、
貧困は「選択できずに」そうなっていく可能性がけっこうあるな。


ひきこもり+貧困で起こりえる可能性を挙げると、
親が死んでも親の年金を切られたら生活に困るから
遺体放置して年金不正受給がバレて逮捕される。


というのがあるかな。そしたらもう本当に犯罪者だよね。
ひきこもりがやってるかはわからんけど、年に数回はこういうニュース聞くよね。
ひきこもりでも起こりうる犯罪者パターンだね。


「働かなきゃいけないって言うよりは、金の稼ぎ方しらないとマズい」
これを肝に命じて、本当に家から出れないひきこもりの人でも
ネットでお金を稼ぐ方法を学んどいた方がいい。
ソーシャルワークでも起業でも株でも好きなのやればいいさ。


ネット起業だと、時間もお金も遣わない「ノーリスク」はさすがにかなり難しいけど、
時間と、少しのお金の「金銭的ローリスク」はけっこうあるよ~。


もし起業に憧れる人は、商売上の信用が出来るまでの時間がかかるから
早めにはじめた方がいい。起業の場合、最初から完璧にやろうとすると
計画時点でかなり時間食って、動き出さなかったりするから、あんま完璧主義になら
「やりながら修正していく」ぐらいでいいと思うぜ~。



ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!