【ひきこもりの原因】統合失調症の話

2019年10月1日

以前は「精神分裂症」と呼ばれた二大精神病の一つ。
字面がヤバイね。あまりにも字面からくる世間体が悪いせいか?
現在では統合失調症という名前に変わった。
(最近知ったんだけど、もっと昔は「早発性痴呆」って名前だったらしい)


個人相談を受けてた頃、統合失調症で相談くれた人いたなー。
今回は統合失調症について考えてみるよ!


【とりあえず「働かなきゃいけない」は置いとこう】


妄想とか幻覚とか色んな症状が出て、重症化すれば社会生活が難しくて、
はっきりぶっちゃけて言えば、就職どころではない人も現実おる。
別の現実を言えば、病気と上手く付き合ってる人は、
統合失調症でも社会で働ける人もおる。
長い期間かけて寛解(かんかい)した人もいるね。


とりあえず「働かなきゃいけない」で自分を縛るのは
止めといた方がいいと思うよ。ひどくなる確率がまあまあある。



同じ病気でも統合失調症は症状が幅広く、型も多い。
だから必ずしも社会に入れない人ばっかでもないんだよね。
でも、TVとかで取り上げられやすいのは、
やっぱ症状として目立ちやすいからか
妄想、幻覚・幻聴系が言われることが多いね。


これはひきこもりがいわゆる
「親に迷惑をかけ続ける悪いやつ」みたいなイメージで
報道されることが多い流れに似てるな。
最近はちょっと理解ある報道に変わってきた部分もあるけど。



【統合失調症からのひきこもり】


ひきこもりになるパターンも一例あげるとすれば、


自分・周囲に関心がなくなり、ひきこもったり、
親が世間体の悪さのイメージに隠してひきこもったり、
本人が気にしてひきこもったり、
自分が被害を受けてる被害妄想によって、ひきこもったり。
妄想好きとは違って、普通の楽しい妄想ではなくて、たとえば


「自分が常に誰かに監視されている」とか
通常起こりえない事を本気で言い出したら注意してみたがいいだろうね。
これは本人より家族とか同居人の方が気づきやすいんじゃないかな。


統合失調症のyoutubeとか見てると、コッチから見たらあり得ない事でも、
その人にとっては「本当に起きてる事」だから



【とりあえず病院行ったがいいよ。マジで】


他の精神病もだけど、精神病系はなぜか受診しに行かないケースが多いね。
やっぱ世間体が悪いっていう「イメージ」が世間にも本人たちにも刷り込まれてるんだろうね。


統合失調症は放置ではまず治らないうえに、初期で気づけば対処できたのに、
放置によって慢性、重症化する可能性がある。


もし病院に行って病気じゃなかったら、それでいいじゃん。
自分が今、どんな状態なのか把握するために1度診断してみた方がいいよ。
(できれば何件か)医者周って、自分に合いそうな所を見つけよう!


あと、病気が確定したら、その病気、今回なら統合失調症の人達がやってる
「当事者会」とか「自助グループ」とか探してみるといいと思う。
綺麗事じゃなくて正直言うと、当事者会が
必ずしもいい結果になるわけじゃないんだけど(モメたりする人がおる)、
孤立はしたらマジでドツボにはまるからね。


※統合失調症のことをもっと知りたい人は、サイトやブログ、動画でも
youtubeで「統合失調症」で検索すると、
統合失調症の人がUPしてくれてる動画が出てくるよ!


たまに見てるんだけど、動画だけの印象で言うと、
「アレ?全然普通じゃね?」って人から
「いや~この人、病気かもしれんが才能あるわ」って人、
正直「あ、コレやべーわ」って人までいるなーって
同じ病気でもいろんな人いるなって印象!

まあでも、病気じゃなくてもヤベーやついるから
「○○病だから全員ヤバイ」ってことはあんまないんじゃないかな?

ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!