【ひきこもりになる原因】 夢を追って、ひきこもるって話

2019年2月21日


「夢を持つ」っていいことだよね~。
生きてくモチベーションになるし、そのためにちょっとした嫌な事なら
耐えられる力も持ってる。行動力も生まれ、人を最強にする力の一つ。
でも、その夢を持つチカラが「ひきこもる原因」になるとしたら・・・?

今回は自分の体験談でお送りするよ!!


【とにかく自分の世界が欲しかった ひきこもりスタート】

当時、自分は漫画家になりたくて脱サラ、作品に没頭するため、
外の情報をシャットアウトしたくて失業保険ももらわずに
月に1、2度しか外に出ないという生活が数年続いてた。


その頃はまだ「俺は普通の人とは違った生き方をするんだ!」っていう
根拠の無い自信があって、自宅で黙々と描いてたよ。
自分の場合は社会人時代に貯めてたお金で活動してて、この頃は完全に無職。
数年後貯金が尽きたら翌年の活動費+税金や年金分を、
2、3ヶ月アルバイトで稼ぐという生活をしてた。



【友達との差が見えはじめて焦る20代中盤~後半】


ひきこもり初期はまだ周りの友達も、社会人として新人だったり
まだ大学生だっかりしたから、たいした焦りはなかったね。
でも、20代後半で友達が結婚したり、
理不尽な目に遭いながらも必死に努力して出世してたりすると、
まだ何にもなれてなかった自分はかなり焦ったよ。


「人の事なんか知るか」って思ってたのに、ブレはじめて来た時だった。
自分がしてる努力も明らかにスローになってたから、自信もなくなってたしね。



その時にちょうどお金もなくなったから就活して、
アルバイトや正社員でお金貯めたよ。やっぱ理不尽な目にも遭ったけど、
お金もらえたからなんとか耐えれた。


んで、2013年に通販事業スタート。
この後数年は通販とは別で働いてたり、働いてなかったりした。
んで、勤めてた会社辞めて法人化して今に至るわけだけど、
正直、起業って努力とは別に多少は運要素あるから、
上手くいくか微妙ではあるけど、覚悟は前失敗した時よりあるから、
今のところは楽しくやってるよ。


なんか会社作ったことで「ちゃんとやってます(やってないけどw)感」が
周囲に対して出せるし、多少なりと自信にも繋がってるかな。


【悪いこと言わん、金もっとけ】


話それちゃったけど、学生時代の同級生で同じ漫画家を目指してて
(又聞きだからそのせいかは定かじゃないけど)うつ病になった人いるんだよね。

もし、彼が夢を追って、それが叶わず、それでうつ病になってたんだとしたら、焦ってた頃と漫画家をあきらめて絶望してた頃の自分を考えたら
他人事じゃねーよな、と今でも思うね。経営者も病んでる人が割といるし。


夢を追うって言うのは、自分には超重要で、何も見る夢がなくなったら
死んでもいいか、って思うぐらい超重要ファクターなんだけど

「メンタルに余裕を持つために、
お金を稼ぎながら夢を追ったほうがいい」

というのは経験者として言える。
やっぱね、なんだかんだ金が物言うシーン多いよ。
ひきこもりの人は純粋な人多くて、金の話嫌いかもしらんけど、
金はあって困らん。マジで。
金がないことがハングリーになる事もあるけど、
ずっと認められないとけっこう金がないことが自信持てない原因にもなるよ。


世間をシャットアウトして作品に没頭したい気持ちよ~~くわかるけど、
金があることは、活動費があることだから、自分の作品を
長く人に見てもらうためにアルバイトや残業の少ない社員、
なんなら在宅ワークでもいい。こんなのをしながら、
夢を追っていくことをオススメするよ。
独立は自分の夢にファンや信用がついてからで全然いいから。



ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!