【向き合い方】ひきこもりと社会のつながりの話

2019年2月21日

社会との繋がりはひきこもり問題に関するものを挙げると、
ひきこもり支援団体との関わり、就労、学校への復帰、ボランティアなんかが
挙げられるかな。

自分もあんまり人と関わるの得意じゃないけど、やっぱ人と関わったり、
もらった勇気とかで変われた部分ってかなりあるよ。信じられんけどね。
会社作ったのもけっこうそこらへん関係あるし。
今回は「ひきこもりと社会のつながり」ってテーマで書いていくよ!


【社会との繋がりのためには現実も大事】

直接向き合う、親や支援者のスタンスとしては

「相手の人格攻撃はしないし、ひきこもり状態も別に責めない」
けど、
「社会の現実は伝える必要がある」

と思うんだよね。目標わかんないと努力しようがないから。


ひきこもり期間が長期になるほど、他者との関わりが難しくなるから
自分のファンタジーを作って、それが実際であるかのように振る舞う人がいる。
でも、個別相談受けてた頃、そういう人はたまーーーにしかいなかったから
相談に来る人は現実よりの人が多いのかな?


自分の世界を作ること自体は別に問題ないし、下手したらストレス解消にもなるから
アリとまで言えなくもないけど、それが「ありえないレベル」まで妄想が発展して
現実世界まで影響してくると、社会復帰が難しくなるだけじゃなくて
現実と妄想のギャップに傷ついたり、統合失調症とかの強い妄想を伴う
病気にまで発展する場合もある。


ちなみに自分がひきこもってた頃は、「自分は特別で王だ!」ぐらいの
自分の世界作ってたよ。今より何もできないコゾーだったのに。
こういうのが現実の態度まで出てしまうと、人付き合いではヤバイってことね。


社会とのつながりってはやっぱ現実の話なワケよ。
人に対して(悪い意味で)あまりにも現実離れしたことすると、
やっぱ相手も心がある人間だから、ウゼーと思われたり、
傷つけられたくないからって離れていってしまう。当たり前だよね。


ひきこもり本人と社会との接点の中で
相手の人格否定はせず、でも、「現実の社会にはこういう部分もあるぞ」
てのをキチンと教えて理解してもらえれば
自分の世界と現実とのすり合せがしやすくなったり、
ゴールが見えやすくなったりするよね。
経験あるけどゴール設定なしでアチコチ走り続けるのはマジきついよ。


【完璧を求めるな。詰むぞ】

あと、「100点を目指さない(完璧主義にならない)」
「60~70点ぐらいだけどこれぐらいがちょうどいいな~」
って自分を許せるのも超重要だけん!


「社会に出るには完璧にしなきゃ・・」
ってなっちゃうと人や自分を許すことが出きんくなって
行動ができなかったり、人と壁ができたりして詰むけんね!


現実的には、外に出れるタイプのひきこもりの人はボランティア活動が、
人からありがとうを言ってもらえるから、自己肯定感とか
社会とのつながりを感じやすいんじゃないかなと思うよ!


外に出れないタイプの ひきこもりの人はネットを使った
自己表現(通販などの商売も含めて)が自分のペースでコツコツできるから
続けられやすいからいいのかなって思うよ!



ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!