【どっち?】いいひきこもり状態と悪いひきこもり状態の話

2019年2月21日

自分も ひきこもり期間あったせいか、この仕事関係なく
「ひきこもり期間があっても別によくね?」って思ってるんだよね。


個人事業からこの仕事はじめて、その当時は個別相談も受けてたから
相談受ける事や、スタッフさんの話聞いてくにつれ、


「いいひきこもり状態」と「悪いひきこもり状態」があるなって感じた。

今回は、「いいひきこもり状態」と「悪いひきこもり状態」テーマに書いていくよ!



【いいひきこもりって具体的に何よ?】

自分が思ってる いいひきこもり状態は
「ひきこもってる事が癒しになってる事」だな。具体例を出しましょうか。



たとえばブラック企業で鬱まで追い込まれたとしたら
退職後、ひきこもって休むのは全然OK!

ホントは退職後も外に遊び出てリフレッシュできるのが一番だけど、
無理に働き続けて死ぬまで追い込まれるよりはひきこもって休む方が全然いい!
休め!遊べ!!


このケースは、無理に働くより鬱病を治すのが最優先事項だろ。


【じゃあ悪いひきこもりって何よ?】

悪いひきこもり状態。これは間違いなく

「ひきこもってる事で自分や、家族とお互いにストレスになりあってる状態」でしょ。

この状態は家にいる事がストレスになってるから
家庭内で解決策をもたない限り、ストレスを抱えたまま
ひきこもり状態を続けたまま改善していくのは厳しいものがある。


ストレス、特に慢性的なストレスはホント最悪で、その場に居たくないし、
何の病気にでも変化するから、ひきこもり本人も家族も
いろんな病気に発展しやすいよね。やっぱそれはツレーよ。



この場合は、(親も子も)支援機関などに相談したり
趣味で発散しながら家庭内だけで抱え込まずにストレス軽減していきたい。


ひきこもりって悪く言われることが多いし、
自分自身の経験でも、正直、ない方がいい期間だった。
どんどん行動できなくなったし、時間もったいなかったしね。


でも、自分にはあまりいい期間じゃなかったけど、
必ずしも悪い事ばかりじゃないと思うんだよね。


「ひきこもりだから不幸にならなきゃいけない」とかは別にないから
遊んだり休んだりして、ひきこもっていても、自分がストレス解消になるような行動を
積み重ねて「いいひきこもり状態」に持っていけるように頑張ってくれ!!



もう一回書くけど
「ひきこもりだから不幸にならなきゃいけない」
とかないからな。

せっかく生まれたんだから幸せになっとけボケ!!



ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!