【ひきこもりとのズレ】そもそも助けて欲しいと思ってないんだよねって話

2019年2月21日



このサイトのみたいな ひきこもり支援サイトを見てくれてる
ひきこもりの人には当てはまらないかもしれないけど、ひきこもりの人には

「そもそも支援者に助けて欲しいなんて
思ってねぇし、人付き合いしたくないから
離れてんだから寄ってくんなうぜぇ」

ってのが結構な割合でいるんじゃないかな。
あと「ひきこもり支援者の存在すら知らない」てのも多いかな。自分はこっちだった。
実際、自分がひきこもってた頃は1回も助けて欲しいなんて思った事なかったし。

今回は「別に助けてと思ってない」ってテーマで書いていくよ!


【いや、だから人に会いたくねぇんだって】

個別相談受けてた頃は、ひきこもり本人からの相談が多かったんだけど、
実際にお金を出して支援者に頼むのは親が多いと思う。
つまり、「親が知らない人を連れてくる」んだよね。

仮に自分がひきこもってた時代に、
親が急に「支援者だよ」って知らない人を連れてきたらどうかなって考えてみると・・・・


絶 対 会 い た く ね ぇ しw

いや、これひきこもり関係なく無理じゃね?
ひきこもり本人はその支援者を知らないし、そもそも対人苦手が多い。
その段階で相談なく知らん人(支援者)連れてこられてもな・・・
迷惑としか思わないだろうなぁ・・・・
ここらへんに、ひきこもり本人と親、支援者のズレが出やすいよね。


そうなると親は「せっかく支援者連れてきてやったのになんだこいつは!」
みたいになるし、下手したら心開いてない状態なのに
「目の前にいるんだからなんとかしろ無能支援者が!」みたいになりかねん。


ひきこもり本人も「なんでいきなり知らん人連れてくるんだよ・・」とか
「こんな姿、他人に見られたくなかったのに余計なことしやがって・・」ってなる。
本人、親、支援者、どこにも信用生まれないよね。
信用がないことが上手くいくわけないじゃん。



【具体的な支援者の挟み方を考える】

じゃあ具体的にどうしたらいいかと言うと、やっぱ話し合いしかないと思う。
「こういう人がいるんだけど、会ってみない?」みたいに。


話し合った結果、断られたら一旦諦めるしかないかも。
断ったのにその支援者連れてきても、結局同じ事になるよ。
そもそも助けてと思ってないんだし。


実は支援者の中にもメチャメチャ心開かせるのが上手い人がいるのは事実です。
しかし、その人レベルだと本当に用意が周到で、好きなものやゲームなどを
リサーチして、そこから突破口を開いたります。


でもそういう人でもやっぱ時間かかることなんで、
「会った瞬間に全てが変わる!」っていうのはちょっと親側が望みすぎかな。




ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!