【就活ダークテク】職歴に嘘をついちゃいかんのか?ってリアルな話

2019年7月14日

ひきこもりからの就職活動。
職場で病んで ひきこもりになったタイプの人は就活したことはあるだろうけど、
不登校から ひきこもりになった人は そりゃ履歴書真っ白だよね。


そうなると現実的な問題として

「職歴の空白を嘘で埋めた方がいいのか?」

これはけっこう悩む人多いんじゃないかな。
今回は「職歴に嘘ついていいか?」ってリアルなテーマでやってくよ!


【まあ とりあえず経歴詐称だよねw】


現実的な話だと、バレるかどうかはともかく、いわゆる「経歴詐称」になるよね。これは間違いない。
「必要悪だ!」って言う人もいるだろうけど

履歴書に書いてある事を信用して採用したのに
必要悪を浴びせられる企業かわいそうすぎる。
普通に裏切られてるやん

とは言え、企業側が募集と実際の雇用で嘘ついてる場合もあるからね。
明らかに法律違反までいってる企業は労基にブッ込むと素敵だと思うよw


【でも現実も教えるね】


まあ経歴詐称だからさ、法人の自分としては立場上「嘘ついてけ!」とは言えんし、
ひきこもりになる人って真面目な人多いからさ、実際はできない人も多いだろうね。
じゃあ、実際の就活はどうだろうか?現実的に行われてる事を言えば

「就職活動時の嘘、経歴詐称は実際にあってる」

のが現実かな。これ、現実はこんなのない!って言える人は少ないんじゃないかな。
だから経歴詐称するかどうかは その人次第ってことになるね。


特に「完全な嘘」じゃなくて「盛る」パターンは結講多いんじゃないかな。
職歴を0から3に「作る」のは聞かれたら答えられないからそこまでいないと思うけど、
1から3に「盛る」のは面接時ではバレにくいだろう。


職歴期間を盛った場合、後でバレるキッカケになるのは社会保険加入期間だけど、
盛ってる人たちはどうやってクリアしてるんだろーな?
雇用側もあんまりツッこまないのかな?
まあ、嘘でも入って、そこでの働きが認められてればバレても
スルーか、軽い注意ぐらいで済むってのはありえるな。
会社にとって、ちゃんとやってくれる人っていうのはホント貴重だからね。
採用にも金かかるし。


どうしてもな、立場上「アグレッシブに経歴詐称してけ!」とは言えんけど、
現実社会であってるかと聞かれたら「ある」と断言できる。ちなみに資格詐称は違法になるやつもあるからやるなよー。

さっきも書いたけど、雇用する企業側も待遇面で嘘をついてくる場合があるからな。これも断言できる。
自分がひきこもりからの就職活動中、ハローワークの求人票と面接時に言われた待遇が違うのが何回もあった。
熊本勤務で転勤なしって書いてあったのに、面接で「山口県いける?」って普通に言われたしw
やっぱ求職側の嘘も企業側の嘘も信用をなくすからね。
つかなくて済むならそれに越した事はないな。実際にはガンガンあってるけど。




ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!