【就活戦線自信なし】就職面接に親同伴はOKか?って話

2019年7月14日


ひきこもりで面接が苦手な人、やっぱ多いよな。
人と話すと考えるだけで前日眠れんし、そのせいで朝起きれんし、
実際行けたとしても、やっぱ目を合わせられないし、上手く話せんし。


で、ひきこもりに限った話じゃないけど、
たまに家族(特に母親)が面接に同伴してくる事があるみたいなんよね。
だから今回は「面接に親同伴はOKか?」ってテーマで書いてくよ!
経営者目線も入れてるから、参考程度にはなると思う!


前提条件は福祉的な意味の就労支援じゃない就活ね。
本人も病気や障害で声がでないとかじゃない就活。

【経営者目線の本音を書くよ】


自分も一応、法人経営者。自営もやったことある。
で、今の会社がひきこもり支援の会社じゃなくて、そうね~~、じゃ製造業として面接官。
その製造業の会社に親が面接に同伴してきたらどうするかな~~~。

まず100%面接落とすだろうな

ってのが本音かな。キツイよな。スマン。
でもこれは、ひきこもり関係なくの話よ。

【親が面接来たら面接落とす理由】


親が面接来たら面接落とす理由は

「何か仕事でトラブルあったら親が出てくるんだろうな」

ってのが面接時にイメージできてしまうからだね。それ一択。


個人的にはしゃべり苦手な人が一人で面接来て、上手く話せなくても

「緊張してるんだな。話すのが苦手な人もおるよな」

って思うんよ。昔の自分もバリバリ苦手だったしね。


でも、親が出てくるとなると、仕事のトラブルを親を挟んでやりとりする事になるんだろうな、
休みの連絡を親がするんだろうな、とか考えちゃうわけよ。


ハッキリ言ってメリットがなさすぎて、親が出てくる事で逆に面接落としてしまう。
「他の人がいるのに、わざわざトラブルになりそう(と思わせる)人を採用する意味って何?」ってなる。
採用側から見ると親が出てくる事で、いい方にとる人は少ないんじゃないかな。


他にもイメージされるだろうと予想される事は
「面接に一人で来れないのに、仕事出来るんだろうか?」
これもおそらく採用側は考えるだろうね。


Q.「親が就職面接に同伴するのはありかなしか?」
A.基本 なし!!!


※「基本的に」書いたのは、ひきこもり本人が未成年とか、
未成年が地方から都会に就活とか、遠くに就活行く場合は親同伴も、まだありかな。と思うから。
あと、派遣会社への面接でもありかも。派遣会社の人に親同伴の人とか
ひきこもりの人たまにおるって聞いた事あるよ!
あと、福祉的就労についてはまた別ね。これは親同伴でもありだと思うなー。



ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!