【ひきこもりからの資格】とって意味ある資格と意味ない資格の話

2019年7月14日

ひきこもりから脱出、正社員を目指すためにまずは資格からだ!
てのは ひきこもりあるあるかね?
今、資格ってめちゃくちゃ種類があって、
「(就労目線で)とって意味ある資格、意味ない資格」があるよね。

それとは別に「ひきこもりにおける資格の使い方」っていうのも考えてみたから
読んでいってよ!

【(就労目線で)とって意味ある資格、ない資格】


さて就労目線の場合、とって意味ある資格、それは

「その資格に独占業務(名称独占も含め)があるもの」

に尽きると思う。独占業務ってのは
「その資格がないとその仕事しちゃいけない」ってことね!

わかりやすいとこだと医者とか弁護士、車の免許なんかもそうかな。
「会社の○○人に1人はその資格保持者がいないといけない」
みたいなのもあるから、そういった資格は転職市場でも需要が高くて、
同業界経験ありなら割とイージーに転職できたりする。


逆に「独占業務がない資格」っていうのは、
ほとんどが(就労って意味では)独占業務ありに較べて効果が薄い。

中小企業診断士とか知的財産管理技能検定みたいに、
独占業務がなくても難易度が高い資格は一部あるけど、
よーわからん資格もけっこうある。

このよくわからん資格を無目的に就労目的でとろうと勉強すると
時間も金もロスするから、就労目的ならそこは注意しとこ!


あとね、使いどころ間違えたら独占業務があっても
「自分にとっては」意味のない資格になるパターンもある。


簡単に言えば
「自分が目指してない業界の資格とっても効果が薄い」ってことね。
この場合は、ちょっと履歴書の飾りになるぐらいかな。

メチャメチャ極端に言えばスーパーのレジで働きたいのに
弁理士の資格とっても方向違いだよな。そんな感じで
使い方次第で自分にとって意味ない資格もあるから、

「自分はどういった事に興味があって、その業界に入りたいのか」

を決めることが、資格取得におけるタイムロスを減らす結果になるだろね。



【「ひきこもり」って状態からの資格の効果】


ここまで「就労目線で意味ある資格、意味ない資格」を書いたから、
「独占業務資格以外は意味ないんだ!」みたいになっちゃったよね。
でも、ひきこもり目線から、資格をとるってのは意味ある事があるんだよ。

「成功体験を積める」ってこと。

やっぱさ、自分らひきこもり経験者とか、自分に自信がない人って
自己肯定感が低いじゃん?それでまた行動が萎縮しちゃうんだよね。
そういう人がさ、独占業務がなくても資格にチャレンジって行動して、
合格したらさ

「資格がとれた!自分もやれば出来るんだ!」

って成功体験になるじゃん。そうなるとさ、自信になって
「またやってみようかな」って挑戦する気になんじゃん。行動するじゃん。
そういうのが積み重なると
「成功するためには失敗なんて当たり前だからまず行動してみよう!」
ってメンタルになってくんのよ。そうなったらもう無敵や。
あとはドンドンあがっていけ。


できれば実用的な資格でそれ出来た方がいいけど、
興味がないジャンルの勉強するのはつらいくて挫折しやすいから
自分が興味あるジャンルの資格や検定があれば、
実用的でなくてもチャレンジするのは大アリだと思うよ!!

この場合は積み重ね成功体験狙いだから、興味がある中でもイージーな資格狙いがいいと思う!!


ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!