【長期ひきこもりの結果】一発逆転を狙ってしまうよなって話

2019年7月14日

いいねぇ~、一発逆転狙い。
世間は「そんなに甘くない!」とか「現実見ろ!」とか言ってくるけど
個人的には嫌いじゃない。自分も大振りで狙ってしまうタイプだしwww

とはいえ、世間の言うことがもっともな部分もある。
今回は、ひきこもりと一発逆転について考えてみるぜ!

【夢なくしちゃ生きてられんぜ】


壮大な夢見ちゃうってのは、やっぱ男に多いかな?
ひきこもってると自分の世界作っちゃうから、余計にそう思うよね~!
ただ、ひきこもりからだと「他人を見下した夢をみがち」ってのがある。
これはマジで詰みやすくなるから気をつけた方がいい。具体的にいえば


「今までひきこもってたから働いてた奴らとの
差を埋めるために、普通の職じゃだめだ!
人をアゴで使えるような上級の職に就きたい!」

「社畜なんてまっぴらごめんだ!俺は起業するんだ!」

こんな感じかな。やっぱ自分の自信なさとかコンプレックスで
「なめられたくない」ってのがあって、
人より見栄はれたり変わってる職や地位を望んじゃうね。
これは前向きな部分もあるから、完全否定はせんよ。

行動してればね

行動しないことって、誰も評価しないんだよ。
世間の人が「現実みろ」ってのはココ。
世間の人は「行動しないのはやってないのと同じ」ってこと知ってるんだよ。
逆に、行動してれば否定する奴より応援してくれる奴のほうが増えるしね。


逆に行動しない妄想と、現実のギャップが大きいと、
他人から評価はされないし、逆にその妄想が自分を苦しめる刃になる。
そうやって段々と詰んでいく。


【逆転満塁ホームラン狙いなら「満塁にする努力」しようか】


一発逆転狙い悪い事じゃねーよ。
やっぱ将来に対する希望がないと生きられない現実ってあるからな。

が、

逆転満塁ホームラン打つためには
「努力し続ける」ことは最低条件なんだよ。

寝て起きてを繰り返す一発逆転は、残念ながらない。
これは株とかの不労所得狙いでも同じ。
よっぽどの超資産がなければ、勝つための努力いるんだよ。

逆転満塁ホームランを打つためには
「満塁にするための努力」が必要。
バットも振らない、打席にも立たない奴には

絶対に逆転ホームランありえない。

これが漫画とかアニメなら、自分の人生を一変させるキャラが
いきなり出てきて世界を相手に戦う事になったりするけどね。
残念ながら現実の世界はそうはいかねーよ。
個人的にはマジで来て欲しいけどwww


【発信することで「種まき」しとく】


これも具体例で書こうか。
2016年にピコ太郎の「PPAP」が大ブレイクしたよね。
PPAP自体はジャスティンビーバーの目に付いたおかげで
すぐ人気が出て一気に大ブレイクしたかもしれんけど、
その大ブレイクまでにあの人はずっと何十年も活動してたんだよ。
自分らの世代だと「ボキャブラ天国」ってずっと前にあった番組から出てたから。

活動し続けた結果(満塁になるための努力を続けた結果)が、
あの世界的超大ブレイクなんだよ。
それまで何回も挫折したり自信失ったこともあったと思うよ。
でも種をまくこと(誰かの目に付くこと)をやり続けたけたから
満塁ホームラン打つ打席が周って来たんだよ。



ひきこもりから一発逆転したいって発想自体は、
前向きに行動するキッカケとして個人的に「あり」だと思う。


「一発逆転をするための努力」をすれば、個人で発信できる現在、
昔ほどのハードルでもないはず。
だから逆転満塁ホームラン打つための努力をコツコツはじめてみようぜ!

目指せ2アウトからの逆転満塁ホームラン!!


PS.社会で働いてる人を見下す人(会社員を社蓄とマジで呼ぶような人)。
コレを本気でやってしまうと人間関係おしまいだから、
「自分の人生はこうなんだ!」っていう意思とは別に
「お互いに尊重し合う」ことを忘れるなよ!


ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!