有料のひきこもり支援を本気で考える話

弊社今、決算中、もう少しで法人設立1周年になる。
2015年に個人から ひきこもり支援はじめたから、4年もやってるのかー。


で、個人の頃は有料あったんだけど、法人になってからは有料やってなかった。


それは「支援のニーズがどこにあるのか」「自分に出来る事と、出来ないことは何か」
「~じゃないといけない」で苦しんでる人にそれは嘘だと払拭したい。
ってのをこの1年で考えたり、実行したりしてた。


1年考えて、やっと考えがまとまって、
幅広い年齢の人達にメリット提供できるもの思いついたから、
決算が終わったら有料プラン作りはじめる!


「有料のひきこもり支援」って書くと、ビジネス臭がして嫌なのもわかるけど
ちょっとマジで考えてみたから読んでいってよ!


【前提】金がないと支援が継続できないし拡がらない


これがまず前提だね。法人だろうと個人だろうと活動していくためには金が要る。
これは間違いない現実。


その資金をお客さんからもらうのか、国から助成金としてもらうのか、
銀行やVCから借りるのか、クラファンや寄付としてもらうのか、あるいは全部なのか、
があるけど、
助成金や寄付に完全に依存すると、それらがなくなった時に活動ができなくなる。
そしたら、それまで繋がってたひきこもりの人達とも、
それまでのような活動は出来なくなるよ。支援者側にも生活あるからね。

自社でも生きていけるだけの利益がある事が
継続していくのに超大事。

「ひきこもり支援で生活できる」と証明できれば、後に続く人が出てくる


実はこれも、1年間でかなり考えた事だった。
弊社は熊本で、都会と地方を出張でアチコチ行き来してるけど、
地方のひきこもりってマジで孤立するんだよ。


それは都会よりは周囲の考え方が閉鎖的なのもあるし、
どっか気晴らしに遊びに行こうにも、行動に車やバイクいるって現実がある。
日本の地方の多くは衰退していってる。地方のひきこもりはこのままだと本当にヤバイ。
衰退していってる地方は税収少ないから、公的なひきこもり支援も薄くなっていくしね。


だったら、ちゃんと人から信用される方法で稼いで、
ひきこもり支援でちゃんと食っていけるってのを証明して発信していけば、
地方でもひきこもり支援で起業する人達が増える。


その中に元ひきこもりの人も起業する人達が出てくる。


そしたら、今までひきこもりに理解がなくて完全に孤立してる地方でも、
支援につながる人が増えると思うんだよ。
起業する元ひきこもりも、いわゆる一般的な就活は無理だったけど、
ひきこもり支援ならやっていける!ってなるかもしらん。
そしたら、その元ひきこもりも人生変わるやん。


弊社にとってはライバルになるかもだけど、
ひきこもり支援っていろんなやり方があるから、
ひきこもり支援業者が増えても、意外とやる事かぶらんと思うんよね。
どんなに弊社だけでイキッっても、地方の隅々まで支援するの無理だしね。
だったらライバル増えてもいいやw


そんな感じで、自社の利益も当たり前だけど、
地方で本当に孤立してるひきこもりとか生きづらい人に支援が行き届いたり、
起業するキッカケになるように行動して、そういう空気を作っていく。

人生楽しくて笑う人が増えた方が、
なんだかんだで日本のためになると思ってるから応援よろしく!

有料プラン作ったらまた発表するね~~。
なかなかいいと思うよ!!


ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!