【クローズアップ現代+】ひきこもり支援の番組感想

2020年7月20日

やあみんな元気!?弊社が熊本だから水害を気にしてくれた人達いました。
ウチは高台にあるので、今回は大丈夫でしたありがとうございます!!

さてさて今回はメルマガで紹介した、NHKクローズアップ現代+であった「ひきこもり支援 つながりをどう保つ?」について感想書いてく!

話は数パターンあり

訪問支援されてる方の話。コロナはひきこもり支援にも関係してたみたいだね。たしかにウチも旅しながらの支援イベント、飛行機が欠航とかになるからできくんなったからな~~~。

1.一定のリズムで訪問
2.正論は言わない
3.ゴールを求めない


が支援の3本柱になってるみたい。この中だと2、3は自分もやってるかな。


2の正論に関しては何回も書いてるけど、だいたい本人も正論わかってて、それと今の現実の差で悩んでるんだから、正論言われてもただ腹蹴られてるだけなんだよね。


3のゴールを求めない、はコレ「本人以外の他人が」って意味だと思うんだけど、ちょい意見が分かれるかな。


自分も他人が言っても本人やりたくなかったら意味なくね?、ってタイプだけど、自分がひきこもりについて勉強しに行ったとこ(公的な所)は「あまりデカい目標じゃなくて、細かい目標設定して、それができたら褒めて自己肯定感養いましょう」みたいな感じだったんだよ。親が多かった(ほとんどだった)から、親に言ってると思うんだよね。確かに幼少期から親が褒めてこなかったから愛情感じられなくて自己肯定感ないパターンかなりあるから、とりあえず近いゴール話し合って、それをやってみるのもアリっちゃアリだと思うんだよね。ここは支援スタイルによって意見が分かれるとこじゃないかな。


ゴール決めたけど達成できずにさらに落ち込むパターンもあるだろうし、ゴール決めずに「何も目標もなくそのまましてたら20年過ぎました」とかなっても、まあ現実は困るっしょ。どっちの方法でも誰も責任とかとってくれんし。


個人的には金もらってないのに強制されるのムカつくから笑、あんま強制はしたくないタイプだし、自分がヒキッてた頃も強制は御免こうむる所ではあるけどね。

業者に大金払って破産されたパターン。個人的には寮に住んで教育支援するタイプなら「家賃+指導費+食費とかの生活費+業者の利益」で年200~300万はまあ、あり得るかな~って思う。仮に働くようになったとしたら2~300万は返せる額ではあるし。しかし、さすがに2000万オーバーはエグいな。。。ひきこもり支援の関係者はみんな知ってると思うけど、きっとあの業者よな。


で、子が家に帰ってきてからもっと塞ぎ込んだ、となったみたい。支援の難しいとこコレなんよね。ミスった時に前より仲悪くなる事あるし、今回の場合は金額2000万オーバー・・・

間違ってたらゴメンけど、これ確か親から言われたらしい。子を思って心を鬼にして言ったのか、それともガチの毒親か。こんなん言われたら親の葬式とか確実に出らんわ。職探ししたいけどコロナ不景気でなかなか苦戦してるって話だった。

コロナによる不景気でひきこもりが増えるんじゃないかという意見。リーマンショックの頃も増えた?らしい。不景気でクビ切られて、のパターンはありそうよな。経営者も会社潰れたら病む人多いから、経営者からひきこもりのパターンもありそう。

コロナはひきこもりにも関係ある

就活以外にもコロナはひきこもりの人達のメンタルに影響してる、って話もあった。自分も正直、コロナで旅出れないのでADHDが最高に苦手な抑制、抑制で気が狂いそうになった時期があった。みんな、メンタル美味く乗りこなしていこうぜ!

今回の番組、NHKだと再放送とかあんのかな?あった時は気になったら見てみてね!

ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!