【ADHDと起業】事業計画書・・・?進捗・・・??

やあやあ最近暑いぐらいの日が増えてきて、頑張って毎日外出るようにしてるんだけど、やっぱ外の方が気が晴れるわ。でも冬から春になって久しぶりにかきはじめる汗って いつもより臭い気がするの自分だけかな?笑


さてさて今回は「ひきこもりと金」について考えてみる!
自分もそうだけど「ずっと雇われてるのには向いてない」人っているよな。
それで「いっそのこと起業してみる!」って人もいると思う。

しかし我々ADHDはガチで行動しちゃうから起業向きとも言われる反面、
向いてない部分も多いと思う。今回は起業する時に必要とされる「事業計画書」で、
ADHD起業に向いてないと思われる部分を書いてくぜ!

あ、これは「誰も雇わない一人起業」の場合の話だからそのつもりで読んでね!


そもそも【事業計画書】ってなんや?

事業計画書というのは、書き方いろいろあるんだろうけど、
そうね~簡単に言えば その事業をやるにあたって、メリットとか客層とか何のためにやるのか、とかの事業をやる目的や進め方を皆書いてくんじゃないかな。

これを書くことで事業の目的地をハッキリ意識したり、融資を受ける時に必要になるみたいよ。これ書いてる段階でデメリットがハッキリして「やらない」という判断することもあるとか。

ちなみに弊社は書いてない。

事業計画書かない理由

計画通り動けたらADHDやってるわけないだろいい加減にしろっ!!
刺激がある方に気が散ってしまうし、計画するとそれがプレッシャーになって逆に後回し後回しになるんだよ!!


どうせ自分が計画書書いても「やった感」だけでその通りには動かない。


今のとこ融資も受けるつもりないし、ひきこもりの人達って人間関係の悩みも多いから「3年以内に100人有料会員にする!」とか決めてしまったら、それ達成するために無理矢理勧誘とかになりかねん。


まあ我々病んだことある側って、強制されるの嫌な人かなりいるよな?少なくとも自分は確実に嫌だから、それはしたくない。だから融資受けれそう(貸し手が金回収できそう)な事業計画書ってひきこもり支援だとあんま思いつかんのよね。


塾とかプログラミングスクールとかの元々の事業の延長じゃないと難しくないかな。あとは就労支援事業の助成金とか。オンラインカウンセリングだと皆あまりお金払うイメージないわ。


【心の声】
(それに~計画通りいくなら潰れる会社なんてないじゃないですかぁ~。2019年にコロナで多くの会社がガッタガタになるとか予想できないじゃないですかぁ~。今は大企業が潰れかけるぐらい時代変わるの早いから、5年後の目標とか立ててもどうせ途中で変わんじゃね?)


一緒にやる仲間がいる場合は計画書いるだろうな~

ADHDの経営者って割といるらしく、一人法人だと向いてるのかちょっと微妙な気がするが笑、誰か他に仲間がいて、その人たちが自分のメリットを活かせるように手綱引いてくれるとか、自分のアイデアを形にするために動いてくれる場合、ADHDのメリットの一つである発想は活きてくると思う。さすがに従業員雇ってノープランは従業員もどこ目指せばいいかわかんないだろうから、その時は計画書いるだろな。企業を急スピードで大きくするならお金借りることも増えてくだろうし。


【おまけ】
ADHDで衝動性があると行動力もあるはずなんだけど、小さい頃から毒親育ちとか、周囲と合わないとかで、自分の意見を言えずに育ったADHDの場合は、自己否定とか鬱っ気もあったりするから、本来あるはずの行動力が抑制されてる可能性もある。仲間がいるのはいい事と思うけど、合わない仲間は一人法人よりヤバかったりするから、そこは注意が必要だな。誰でもいいわけじゃない。(ADHDに限らず、友達同士で「共同経営」とかやって揉めるパターン多い)


雇われるのにどうしても向いてないなら起業もアリと思う。
ただ「ADHDは起業家に向いてる!」的な記事を鵜呑みでやってしまうと、向いてない事もけっこうあるぜ笑
でも本当はADHDよりも、人と違ってる事で抑制されて育ってきたかどうかの方が重要な気がする。
自己肯定を育ててこれたADHDはかなりいい人生と思うけどな~。


ああ、今日も脳内のようにまとまらない記事だった笑
そんな自分を認めて生きていくさ

ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!