毒親育ちがハメられる”学習性無力感”という人生詰みトラップ


ハロハロ~。皆元気?最近暑くなってきて、そろそろ扇風機だそうか迷うわ。というかもう梅雨入りしてるってマジ?いくらなんでも早すぎない??


さてさて、今日は毒親に育ってきた子どもにありがちな「学習性無力感」。これになると自己肯定が全く育たなかったり、病んでしまったりで、なかなか人生ハードモードになるトラップ。今回はその学習性無力感について書いてくよ!


学習性無力感てなんや?

ちゃんとした解説は詳しいサイトをググって欲しいんだけど、簡単に言えば「長期的なストレスや否定によって"もうどうでもええわ・・"みたいな感覚」になることだね。最近は鬱がらみでも言われる事あるかな?何もかもの努力も無駄に感じ、ある意味自暴自棄になって、そのストレス源の環境から離れることもしない、みたいな感じ。


ひきこもり家庭で言うと「親からずっと虐待や否定(精神、肉体、性的等、場合によっては貧困も)されて育ってきてるから、自分の価値を感じられず、自己肯定が出来ないから、たとえ親が悪くても「自分が悪い」と自分を責めたり、毒親から逃げ出すことをしなかったり、自分の本心ではなく「相手に気に入られるよう行動」したりして、結果病んだりする。家庭以外だと、学校・職場でのイジメ・パワハラもそんな感じなのあるんじゃないかな。しかも場合によってはもう一つの詰みトラップ「共依存」も加算される。


これが自分が生まれた家庭環境で発生した場合、人格否定の虐待は人生詰むレベルでトラウマになったりして、まさにスタートから地獄と言っていい。


今回はこの「学習性無力感」に陥る状況を具体例あげて書いてく。毒親どもはガチで自分の今までの行動見直せボケ。子ども時代は選択の余地がねーんだよ。

1.否定はするが褒めない

これホント最悪で、最強の自己否定チャイルド育成法と言っていい。否定しかされないと、もちろん自分に自信なんて持てないし、何やっても褒められないと「どうせ何やっても無駄だ」って無気力になる。

「最大のイジメは存在否定」という説もあるけど、家庭内でも否定しかされなかったらそら病むよね。

子どもによっては自分がどうしたいか、ではなく「親に怒られない、親が喜ぶ、無難にやり過ごせる」ように生きていく。そうすると自分を出せないストレスから、鬱になったり、そのストレスを回避するために人格が分かれて、自分が他人のように見えるようになったりする。

2.他者と比較して差をつける

この他者は兄弟も含む。例えば兄が凄く優秀で、弟はそうでもないとかで兄ばかり可愛がるとか、親が一度離婚して、再婚した時に前の旦那の連れ子である長男だけ扱いが悪い、とか、家庭内で扱いに差をつけられるとホントに傷つくし、連れ子うんぬんの方はたまに虐待でパクられてるニュースあるよね。


あと毒親がやりがちなのが、子どもと同世代の活躍してるスポーツ選手と子どもを比較して「この選手はアンタと同じ年でこんな活躍してるのに~」みたいなの、ホントこのタイプの毒親は一回、自分が何言ってるかノートに書いてみるといいよ。


まず、お前らはそのスポーツ選手の親と同等の育て方はしてないだろ?そのクセに子どもに人並外れた結果だけ求める。自分の言ってる意味不明さわかってる?そんなん言われても子ども側はどうしようもなくね?


「あの社長はこんなにお金持ちで社会貢献もしてるのになんでウチの親は・・」とか子どもに言われたらムカつくし悲しいだろ?それと同じ事いってるなら、もう他者と子ども比較するの止めたがいいよ。他人がどうとかより、その子に合った教育考えな。


親側は子どもと他人を比較するのに、子ども側が「みんなあのゲーム持ってるから買って」とかねだると「ヨソはヨソ、ウチはウチ」とか言うじゃん?ヨソはヨソなら他者と比較するのやめなよ。人間は綺麗事だけじゃない矛盾をはらんで生きてるもんだけど、言われた子どもはまだそれを消化できなくて、ただただ親の理不尽さや、劣等感で(もうこの親に何言ってもムダだわ・・・)って何も親に期待しないし、無気力になるんだぞ。

3.大人になって毒親に気づいても割とキツイ

精神的、肉体的、性的に虐待された子どもたちは「自分の存在を認めれないプロ」「自分に自信のないプロ」として大人になっていく。そして子ども時代に親が毒親であるのを気づくのは、情報がある今の時代でも なかなか難しい。大人になって人生の中でいつか「ウチの親、毒親だったんだ」と気づいても、10年20年、自分を認めれないプロとして教育というか、洗脳されてきたのはすぐに解けない。特に周囲から孤立した場合は周囲の助けがないから相当キツイ。

親が子どもを肯定し、はじめて、子どもは安心して自己肯定を積める

このブログって「ひきこもりと遊び」「ひきこもりとお金」を主に書いていきたいと思ってるから、できるだけ楽しいもので埋めていきたいんだけど、ひきこもりを真面目に考えると、どうしても毒親の話題は避けられない(毒親は自分本当にイライラするからいつもより書く時間かかるし、触れずに済むならそれに越したことはないんだが・・・・)。


親は子ども個人と向き合って、ちゃんと子どもが向いてる道を探してきたか?世間体だけを追って、「皆がこうだから」という理由で子育てしてこなかったか?躾と虐待の境目が難しいのは、正直その通りだと思うけど、自由を奪ったり、叱るだけで褒めることをしない、とかはなかったか?


子どもと向き合わなかった時間が長ければ長いほど、子どもは自分の存在に価値を感じにくくなる。親の行為って、本当にシャレにならない影響を子どもに与えるんだよ。今、ひきこもりと犯罪おこした人の共通点があるか、いろいろ探ってるんだけど、その一つに「毒親(虐待含む)」は結構見られるよ。


親側の擁護を少しするとすれば、「その時代の常識や空気感」「躾と虐待の境目の曖昧さ」は正直あると思う。時代に逆らい続けるのって、すごい疲れるし、孤独を感じるしな。親も親で絶対大変だと思う。しかし、親から固められた子どもも カナリ人生詰みやすいから、子どもが何かやらかして叱るにしても、いい事や褒められることした時は、ちゃんと褒めて子どもに自己肯定積む機会を与えて欲しいね。

あぁ、やっぱり毒親の記事は長くなる・・


ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!