【ひきこもりと遊び】現実逃避で図書館ってどうや?

2021年11月6日

やあやあみんな元気?離島旅から帰ってきたよ!コロナ前みたいに、ひきこもり支援ツアーでやろうか迷ったけどご時勢的にタイミング逃してる感あるな~。またいつかやりたいねぇ。

さてさて、離島ネタはまた別の記事でやるとして、今回は「ひきこもりと遊び」で図書館はどうなのか書いてくよ~~。


無料で本借りれる!苦しい事から逃げようぜ!!

図書館って自分が行くとこは無料なんだけど、有料のとこあるのかな?無料で本が読めたり借りれたりするのってありがてーよね。自分は熊本地震の時に本をほとんど捨てたから図書館の存在はメチャありがたい!いつも家にいて苦しい時なんかは本を読みに行くと数時間は潰せて、その間は苦しい事を忘れれるんじゃないかな。


情報量自体はネットの方が多いだろうけど、最近のサイトって1つの記事を5ページとかに分割してたりするじゃん?あれスゲー読みにくいんだよね。最近、本の形にもワンチャンあるような気がしてきてる。


ただどこもかはわからないけど、こっちはコロナ対策?かな。館内で今は読めなくなってるから、借りてくるしかないね。返しに行くのめんどいから館内で読めるのが個人的には好きなんだけど。



ついでに歩いて行ってセロトニンもゲット!

鬱っぽい人だとセロトニン不足、って人もいると思う。そういう人は太陽光浴びるのも効果的って人多いだろうけど、外で本読んだり、自分の場合歩いて図書館までいって運動にもしちゃう。できるだけいつもと違うことをするのがADHDの刺激的には満足しやすいのもあるかな。


図書館自体は静かな所だからそこまで他人との交流はないかもしれないけど、

・本を借りれて現実逃避できる
・歩きで行ったり、外で本読んでセロトニン
・図書館が別の施設と併設の場合、別のイベントや相談会なんかがあったりする

ここらへんがひきこもりとか孤立してる人の何かのキッカケになるかもとは思うんだよなぁ~。結局、習慣を変えるのってキッカケに対して行動するしかないけど、それが辛い事だと行動できないじゃん?楽しいことだと「ちょっとやってみようかな?」って前向きな希望になるから、ひきこもりとか病んだ人はまず遊んで心を楽にした方がいいと思うんだよなぁ~~

1日1万歩って難しいな!んじゃまた!!

ネットでとり放題の資格サイト出来ました!

「鬱で布団から出れない」
「履歴書が空白で尻込みしてしまう」
「誰にも会わずに成功体験積んでみたい」
そういった方々に使って頂ける、ネットで取り放題の資格サイト作りました!
綺麗事はなしです。上手く使ってください!