【今回は釣り糸】ひきこもりや病んだ人限定のプレゼント企画やってますです

はろ~(夜)。皆調子はどう?コッチはジムに行ったら休みでただチャリ漕いだだけになったから、公園で懸垂だけしてきた笑

今回は「ひきこもり、病み、障害、貧困などで孤立してる人限定」プレゼント企画の5回目が開催中なので紹介!

今まで釣具とウェアでやってるんだけど、釣具はコッチのブログだとあんま需要ないかな?と思うけど、ま、出しておけば誰かの目に留まるかもしれないし、読むだけの人もホッコリするかもしれないから、失敗してもいいか!

興味ある人は↑のツイッターに応募条件とか書いておくから、DMでもいいから言ってきてね!(22年6/23締切)
ただ生きるのもしんどい時代だけど、たまにはマッタリ釣りしてみるのもいいかもしれんぞ!


【プレゼント企画の悩み】どうしても保険かけてしまう

今まで孤立してる人のプレゼントを確か去年の11月からはじめて、5回やってるんだけど、ちょっと悩みがあってどうしても「応募がなかった時に、自分で使ったりできるもの」に寄ってしまう感がある。


これは特にウェアなんだけど、そうするとサイズとかデザインが自分寄りになってしまうんよね。そして釣具も今の所まだ男の方が多い趣味だから、相談受けてた頃に結構多い、女性向きのプレゼントが難しいな~、と感じてる。1回目のニットが男女共にいけるデザインだったから、それぐらいかなー。


あと、正直、個人情報もコッチ知らなくていいんだよな~。やっぱ「孤立した状態で応募する側」からすれば、プライドとかそういうのも相まって、「自分の事知られたくない」ってのが一つの壁になると思うんだよ。だから住所は聞かなくてもいいように、郵便局留めも選べるようにしてるんだけど、お名前はどうしても必要?なんだよね。ヤフオクやメルカリみたいに匿名配送できないかなー。どうしたらいいんだろ


1つはさ、単純にペイペイとかの電子マネーを送って「あとはお好きにどうぞ」ってパターンとか、アマゾンの欲しいものリストを相手に買うとかだといいのかな、とも考えるけど、どうしても「せっかくもらったなら外行ってみようかな」と思えるものを送りたいから、電子マネー送ったとして、健康に悪いもの買うのは避けて欲しいな、ってのもあるし、でも「もらった後はその人の権利だろ(この考えが自分は強い)」っていうのもあるし、あーーーーーー難しい!


今のとこ考えてるのは例えば「○○円以内で靴買う方、アマゾンの欲しいものリストUPしてくれればコッチで買います」とかだとバランスとれた最適解かなー、とか考える。やっぱもらう側だと、欲しいものを送って欲しいもんな。靴とか帽子だと外で使う事が多いだろうし。もしくは外食の食券とか?(そういうの匿名で送れたりすんのかな?)。なんかもうちょい気楽にやればいいのに、と自分でも思うんだけど、興味がある事は考え込んでしまって疲れる性格なんだろうな、と思いましたまる笑